EURO 2016 ドイツ代表 ホーム ユニフォーム 通販

 「2016 ドイツ代表 ホーム ユニフォーム レプリカ 半袖」を50%割引な価格で購入することができます。2016ドイツ代表 ユニフォームをまだお持てない方はぜひご覧になってください。セール中だから、今注文するとさらにお買い得。

  2016ドイツ代表ホームユニフォームでは古典的といえるシンプルな白のシャツへと回帰、アディダスのニューモデルらしく“スリーストライプス”は脇に配されているほか、シャツ正面の中央には過去の栄光を表現した「成功のバーコード」のグラフィックで入れられている。

  2016年の欧州選手権本大会ではグループリーグを首位で通過し、ラウンドオブ16ではスロバキアに勝利、準々決勝では前大会の準決勝で敗れていた苦手のイタリアに延長PK戦の末に勝利した。しかし、準決勝で開催国フランスに敗れた。大会終了後、2018年のロシアW杯までレーブ監督の続投が決まり、シュヴァインシュタイガーとポドルスキが代表引退を表明した。

EURO 2016 ウェールズ代表 ホーム ユニフォーム 通販

2016 ウェールズ代表 ホーム ユニフォーム レプリカ 半袖」をどこよりも安く購入、マーキング激安、送料格安で持ち帰ることができます。ウェールズ代表 ユニフォームを手に入る方は必ずご覧になってください。

2016ウェールズ代表 ホームユニフォームは赤基調のシンプルなデザイン。襟はVネック、白を襟、アディダスロゴと3本線に使用した。このユニフォームは11月14日に行われる親善試合オランダ戦から着用されました。

2016年大会では予選のグループB二位でチーム史上初の本大会出場を果たすと、グループステージでスロバキア、イングランド、ロシアと同じ組に入り、2勝1敗でグループ1位通過を果たす。決勝トーナメントは準決勝でポルトガルに敗れたが、ベスト4に入った。

EURO 2016 フランス代表 ホーム ユニフォーム 通販

2016 フランス代表 ホーム ユニフォーム レプリカ 半袖」をお持ち帰りたいなら、幣サイトをお任せください。最大50%割引で安い、今注文すると、さらにお買い得。

 

EURO 2016 フランス代表ユニフォームホーム半袖は青を基調にデザインしました。2016 フランス代表ユニフォームのサプライは前続き「ナイキ」、メーカーロゴはユニフォームの右胸に刺繍しています。幾何学模様が描かれた胸部分にはメッシュ素材が使われています。

UEFA EURO 2016において開催国の特権として予選は免除されたが、2014年9月から2015年10月にかけ、予選開催日には奇数の5チームだったグループIで試合のないチームと親善試合を行っていた(このグループでは、フランス戦の結果は順位に反映されなかった)。   EURO2016本大会直前に守備の要ラファエル・ヴァランを怪我で欠くことになり守備面で不安を抱えたが、2016年6月10日スタッド・ド・フランスでの開幕戦ではルーマニアに終了間際のゴールで2-1で勝利した。次のアルバニア戦でも終了間際のゴールで2-0と勝利し、第3戦を残してベスト16進出を決めた。第3戦のスイス戦は0-0の引き分けで、グループリーグは2勝1分けの勝ち点7、首位で通過した。  ラウンドオブ16ではアイルランドに2-1、準々決勝ではアイスランドに5-2、準決勝ではドイツに2-0で勝利しワールドカップの雪辱を果たして2000年大会以来3度目、自国開催としては1984年大会以来の2度目の優勝へと勝ち進んでいった。だが決勝では決定機を決められないまま延長戦までもつれこみポルトガルに先制され1-0で敗れ、準優勝に終わった。アントワーヌ・グリーズマンが6得点で大会得点王となった。

EURO 2016 ポルトガル代表 ホーム ユニフォーム 通販

   「2016 ポルトガル代表 ホーム ユニフォーム レプリカ 半袖」をどこよりも安く購入、マーキング激安、送料格安で持ち帰ることができます。ポルトガル代表 ユニフォームを手に入る方は必ずご覧になってください。

  EURO 2016 ポルトガル代表ユニフォームホーム半袖は赤を基調にデザインしました。ユニフォームのサプライは前続き「ナイキ」、メーカーロゴはユニフォームの右胸で刺繍しています。メーカーロゴカラーはホワイトを採用しました。ポルトガル代表 ホーム ユニフォームは2色の赤を肩から袖にかけての部分で切り替えし、アクセントとして緑のラインを配置しました。

  UEFA欧州選手権2016ではグループリーグでは3引き分けと苦しむが、ラウンドオブ16ではクロアチアに延長後半12分のリカルド・クアレスマのゴールで1-0で勝利、準々決勝でポーランドにPK戦の末勝利、準決勝でウェールズにロナウドの1ゴール1アシストで勝利し、3大会ぶりに決勝進出。決勝で地元フランスを相手に、エデルの延長後半4分ゴールが決勝点となり、1-0で勝利、UEFA欧州選手権で初優勝を果たした。ポルトガルの主要大会でのタイトルは全てを通してこれが初めてである。